キャッシングは便利なサービスですが、使いすぎると自己破産など、大変な事になるおそれもあります。

しかし、注意点を守って使えば、まずそのような事態にはなりません。

キャッシングの注意点は、以下のとおりです。

一つ目は、「目的を明確にしておく」。

「旅行のため」「車を買うため」など、何のために借りるのかを自分の中で明確にしておいてください。

「ちょっとお金が足りないから」などという理由で借りると、返済できなくなる事態になりかねません。

二つ目は、「返済計画を立てておく」。

最低限、向こう1年間の計画は立てておいてください。

月々の返済額はもとより、収入の支出のバランスを把握しておくことも忘れてはいけません。

三つ目は、「自分に合った金融機関を選ぶ」。

キャッシングと一口にいっても、金融機関によって金利や返済方法などは違ってきます。

まず、「銀行系」。

銀行や信用金庫が取り扱っている商品で、他の金融機関より金利は低めですが、その分審査は厳格で、融資までにも時間がかかります。

次に、「消費者金融系」。

銀行系と比較すると金利は高めですが、「即日融資可能」「審査の借入および返済可能」など、サービスが充実しているのが特徴です。

これらの点を頭に入れたうえで、キャッシングを利用してください。